パチンコをやめたい人達へ|重度の依存症のリアル日記

重度依存の私の日記で「人の振り見て我が振り直せ」効果を促進するブログ

【確信】ブログ開設による脱パチ効果|パチンコをやめたい

こんばんは。

祝!脱パチンコ1週間達成!

 

ということで、今回は私のブログ開設から3ヶ月間の軌跡をまとめようと思います。

 

f:id:momo-staysam:20180215002754j:plain

 

【ブログ開設初期】

 あれは、毎日毎日負けてはお金を下ろすを繰り返していた時期に、下ろすお金が無くなり次の給料日まで数日という日でした。給料日までは強制的な我慢だったので時間に余裕があり、色々脱パチンコの方法を考えていた時です。

ふと「ブログを趣味にして毎日記事の更新してれば辞められる」ともの凄いスペシャルなアイディアを閃いた!と思って根拠のない自信を持ってブログ開設しました。

 

閃いたコンセプトは色々な辞める為の方法を自分が実践して発表していく。というものです。(今も根底にあります。)ブログ開設して直ぐに記事を書きました。根拠のない自信で辞められる期待はとても大きかったです。

 

でも、、、次の日にはパチ屋に足を運んでいました(T ^ T)

 

いきなりの挫折でしたが、どうにかモチベーションをキープして、ブログ更新だけは毎日続けていました。自分の閃きに自信があったので、どうにか気持ちを繋げていました。この時期は、パチンコもやりつつブログ更新は欠かさず頑張っていました。記事の確認して貰えば分かりますが毎日更新しています。

 

アクセス数をいつも確認していましたが、ほぼゼロか良くて数件でした。それでも、ブログの効果を期待してパチ屋にも行ってしまいますが、とにかく毎日更新を心がけていました。

 

その他、次のような事をやってみました。

・辞めれた先輩たちのサイトで辞めるための考え方を読み漁った。

・お金を持たない。

・カードを持たない。

・パチ屋がある道を通らない。

 

それでも結局、お金は持つし、カードは持つし、パチ屋に足を運んでしまいました。誰でも思いつき具体的で効果がありそうですが、結局、我々のような重度依存者には、そんな普通の対策では無理なんです。

 

 

【ブログ開設初期のまとめ】

・もの凄い閃きで本当に脱パチできると考えた。

・ブログアクセス数は少なかったが毎日更新を続けた。

・お金を持たない等の具体的方法を実践しようとしても自分に勝手な理屈をつけてパチ通いはやめられなかった。

 <ブログは継続しつつも、全くパチンコを辞めるという方向には進まなかった>

 

 

【ブログ開設中期】

辞める気があるの?と自問自答するばかりで辞めるという方向には進まず、毎日時間とお金をダラダラ無駄にしていました。ここ20年と変わらぬ愚行です。気持ちをコントロール出来ず、このままじゃ本当に死ぬまでやってしまうと考えていました。

この頃、ブログ更新する元気もすっかり失って、記事を書いてもヤル気のないタラタラしたものになってました。(本当の気持ちが文章に宿ってたとも言える?)

 

ブログ開設から1カ月半経過していた時期に毎日更新を継続できなくなってきた理由はクズな自分に嫌気が差し気持ちが落ちてるということもありますが、せっかく頑張っているブログのアクセス数が毎日ほぼゼロから数件という状況に変化がないからという理由が大きかったです。もはやブログも挫折する寸前でした。1週間くらい更新しない、その上その1週間で20万くらい負けて、もう死ぬまで辞められないと覚悟する寸前でした。

 

ブログを趣味にしてパチ地獄から抜けると根拠のない自信があったのに、このような状態に陥ったので何かで足掻くために、次のようなことをやってみました。

・パチンコを辞められるという情報教材を調べまくった。

・mixiで協力し合える依存症の仲間の募集をしてみた。

・ギャンブラーズアノニマスという自助グループについて調べてみた。

・依存症専門の病院を調べてみた。

 

しかし結局、情報教材は高額だし、内容がどんな方法だろうと自分には効果はないと思ったし、mixiでの仲間募集は結局だれも見つからなかったし。(mixi未経験ってのもあったと思いますが)自助グループはなんとなく一人で参加するのに抵抗があってスケジュールと場所も調べたけれど足が向かなかったし、病院も保険証などで会社に心療内科に行ってることがバレたら、何の治療でいってるのか聞かれるだろうし。と、結局考えたことを行動に移すことができませんでした。

 

【ブログ開設中期のまとめ】

・ブログ活動でパチンコを辞められると思ってたので、逆に気が緩みパチ依存症が炎上した。

・ブログ更新もパチンコへ行ってしまう自己嫌悪とアクセス数のなさに挫折しかけた。

・何らかのお金をかけて治す方法を模索したが結局行動できなかった。

<ブログの継続もアクセス数の少なさに挫折しかけ、パチ依存が酷くなった>

 

 

【ブログ開設3カ月】

何とか心をつないで細々とブログ更新を続けていました。するとある日突然アクセス数が1日100アクセスを突破しました。きっとこの1日100アクセスってのは既にやっているブロガーさんにとっては、それほど大したことない数字なんでしょうが、私にとっては物凄い衝撃でした。アドレナリンがドバっと出たと思います。特に何かアクションを起こしたわけではなく、このブログをただ書き続けていただけなのにです。

 

それは単発で、翌日からはまたゼロから数件というアクセス数に戻りました。しかし、もう一度その時に衝撃を味わいたい(これってパチとかスロで当たった時の衝撃と同じ性質のものかもしれません。)と思い、こつこつブログ更新を継続しました。

 

そして、この記事の前日に1日132アクセスを記録して、また凄い衝撃を味わい3カ月前に閃いた「ブログ活動は脱パチに効果大」ということを確信しました。

 

その日以来(約1週間前の話ですが)脱パチ記録を更新中ですし、ブログについて色々調べて勉強しようと思うようになりました。

 

【ブログ開設3カ月のまとめ】

・突然のブログアクセス数アップに衝撃をうけた。

・この衝撃はパチンコやスロットで当たる時と性質が同じのように感じた。

・ブログ活動はパチンコ依存症克服の手段に向いている。

<突然のアクセス数アップに興奮し、パチンコを辞めるという方向に進みだした>

 

 

【総まとめ】

ブログ活動は、パチンコ依存症克服の手段に向いている。

ブログ開設から3カ月継続すれば、ある日突然気持ちの良い衝撃を受けられる。

是非、パチンコ依存症の仲間たちにブログを始めることを心から薦めたい。 

 

もし日々の細部に興味がありましたら次の記事辺りから1件1件読み進めてくださいね。

 ブログ開設初期(脱パチ期待期)

ブログ開設中期(挫折の反復期)

ブログ開設3ヶ月後(脱パチ常態期)

 

長文読んでいただきありがとうございます。

依存症界の切り込み隊長として、「真のパチンコを辞める方法」を作るために前に進みます。

コメントもらえたら嬉しいです。