パチンコをやめたい人達へ|重度の依存症のリアル日記

重度依存の私の日記で「人の振り見て我が振り直せ」効果を促進するブログ

『核心』スリップを誘発するコア|パチンコしたくなるシーン

こんばんは。生きカエルです。

 

忙しい年度末を越え、また年度初めのピークも越え、少しづつではありますが、皆さま仕事は落ち着いてきましたか?今年はゴールデンウィークが10連休となっており、脱パチ継続中の方にとってもとても注意が必要な時期になります。我々はただ素直に

 

10連休嬉しい!!

 

とは、ならないところが困ったものです。旅行とか帰省とか計画を立てたとしても、国内どこに行っても宿敵のパチ屋は存在しますし、休みだー!という開放感にも後押しされ、本当に気持ちを切らさない事が重要になってきます。こんな無駄な心配をしなくて済むようなカラダに戻りたい一心です。

 

本当に無駄で不用な心配でしかない。。

 

それでも、病気と向かい合って、楽しいゴールデンウイークでした。と言えるように穏やかに過ごしたいですね。みんなで頑張って行きましょう!!

 

それでは今日のお話です。

f:id:momo-staysam:20190419013659j:plain

【スリップし易い場面の考察】

我々の仲間には何百日も脱パチを継続したにも拘らず、ある時突然スリップに襲われる事があります。どんなに頑張ってもです。そういう病気だから仕方ないという考え方もあります。それも正解だと思います。

 

しかし、どんな場面でスリップが起き易いかをしっかりまとめて頭に入れておけば、その場面に遭遇しないようにするその場面での有効な対策を練る、などの防御策を先行的に実行に移せる時間的、精神的余裕が作れると思います。

 

僕の経験と合わせて、依存症の仲間のブログやツイッターから入手した情報を基に、一体どんな場面がとても危険な状態なのかを列挙していこうと思います。これ以外にも、危険な場面はあると思いますが、それは個人で頭に入れて先行的な対策が取れるように努めましょう。

 

①ストレス

仕事、家庭、人間関係など様々なところでストレスを感じます。それは人それぞれです。大きなストレスを感じると、もうどうでもいいやーとか、ストレス発散のためだーとか、色々自分を肯定してスリップにつながります。

 

②開放感

キツイ仕事、拘束される家庭のイベント、嫌いな人間との仕方ない付き合いなどが終了した瞬間、人間は物凄い開放感を感じます。そのスカッとする開放感から大きな気持ちになり、少しくらいお金を使っても大丈夫だ!という思考からスリップにつながります。

 

③経済的圧迫

今月お金を使い過ぎた、給料日までお金が足りない、今欲しい物がある、などのお金が欲しい欲求が湧いてくる時があります。こんな時は決まってパチ屋で勝った記憶だけが蘇り、よし!増やしたる!という報告に思考が向かいスリップにつながります。

 

大きく分類すると基本的にはこの3つでまとめられると思います。

 

1回のスリップが連鎖的にループする仕組みは次のようなパターンがあります。

 

①→①→①→・・・・パターン

仕事のストレスでパチ屋へ。当然負け。負けた事に対するストレスでパチ屋へ。当然負け。負けた事に対するストレスでパチ屋へ。・・・

 

②→②→②→・・・・パターン

平日仕事終わりの開放感からパチ屋へ。当然負け。翌日仕事終わりの開放感からパチ屋へ。突然負け。翌日仕事終わりの開放感からパチ屋へ。・・・

 

③→③→③→・・・・パターン

お金ないから増やそうとパチ屋へ、当然負け。負けによりお金ないから増やそうとパチ屋へ。当然負け。負けによりお金ないから増やそうとパチ屋へ。・・・

 

②→③→①→・・・・パターン

仕事終わりの開放感からパチ屋へ。当然負け。負けによりお金ないから増やそうとパチ屋へ。当然負け。負けによるストレスでパチ屋へ。当然負け。・・・

 

①②③はどれでも全てに連鎖します。

 

どうやっても1回目のスリップから連鎖的にループします。①②③がどうとでもつながるからです。

 

【対策】

とにかく、初回のスリップを止める事が重要です。①でも②でも③でもどこからでも連鎖的ループに入ってしまうのでやっぱり重要なのは

 

初回のスリップを止める!

 

これしかありません。では、どうやって止めるのか?

 

その方法はみんなで考えましょう。

 

【まとめ】

とにかく

 

①ストレス

②開放感

③経済的圧迫

 

の場面になる事が予測される時点で

 

先行的な対策を打つ!!

 

これしかないです。具体的なやり方はまたみんなで考えましょう。

 

今お話しした危険な場面を頭に入れて先行的な対策を打つ事を考えて生活していきましょう^ - ^

 

 

おすすめ記事

www.revive-frog.com

www.revive-frog.com

www.revive-frog.com

www.revive-frog.com

www.revive-frog.com

www.revive-frog.com

www.revive-frog.com

 

 

 

記事は100以上ありますので、もしよかったらパチ屋に行ってしまう時間を削って、当ブログを読んでもらえればうれしいです。

 

 

最後までありがとうございます。

コメント頂けると喜びます。